献上の儀とは

秘窯の里「大川内山」は、1675年から廃藩置県(1871年)まで佐賀鍋島藩の藩窯が置かれこの藩窯では、将軍家や諸大名、朝廷などへ献上する高品位な焼き物が、つくられ、これが至宝「鍋島」と呼ばれています。

このような歴史を有する大川内山では、30軒の窯元がその伝統、技法を現在の伊万里焼に受け継いでおりますが、先人達の偉業と歴史に感謝しつつ、技術の枠を結集した鍋島の伝統を文化を体験し、新しい伝統文化づくりに励む意味で「鍋島藩窯秋まつり」を 開催しております。

この祭りの一つとして、往時を偲んで「献上の儀」を行っておりますが、平成16年から城主在の首長様に献上いたしております。 今回は鍋島藩祖を祀る松原神社(佐嘉神社)で鍋島美茂様を城主に見立て、献上を行いました。

献上者:伊万里鍋島焼協同組合理事長 畑石真嗣他8名
      伊万里市長 塚部芳和 他2名

献上品 「色絵杏葉牡丹唐草文様瓶子」(いろえぎょうようぼたんからくさもんようへいし)

杏葉の紋は鍋島家の家紋であり、杏葉の紋と鍋島の伝統図柄の牡丹と唐草を描いています。 瓶子には今現在大川内山30軒の窯元をイメージして30枚の葉を描いています

献上品としてロクロ、絵付け、登り窯での焼成(36時間)など、それぞれの窯元が得意の工程を分担し、丹精込め、すべて手作りで仕上げた作品であり、商品としては価値は付けられませんが、今なお、藩窯の伝統と技術を受け継ぐ窯元の技術の粋と情熱を結集し、作り上げたものであります。

【献上品 「色絵杏葉牡丹唐草文様瓶子」 火入れ神事のようす】
火入れ神事は8月30日(土)10時に大川内山登り窯で実施されました。

 

火入れ神事では、厳かな雰囲気の中神事が執り行われその後、昔の製法で火から手で起こし登り窯に火入れします。36時間昼夜無休で薪をくべ続け登り窯内の温度を1,300℃まで上げて行きます。

 

1,300℃まで上がった窯を徐々に冷やして行き窯だしは平成26年9月6日9時から実施されました。
登り窯から出した瓶子に上絵をつけ800度前後で焼きます。

 

松原神社(佐嘉神社)で行われた献上の儀のようす

献上の儀は平成26年10月11日(土)佐賀市松原神社(佐嘉神社)で行われました。
鍋島家の藩祖が祀ってある松原神社
献上式前に手を清める
行列参加
瓶子は最初松原神社祭壇へ
鍋島美茂様へ口上を読む畑石理事長
瓶子の献上

献上式終了後記念撮影
【過去の献上式のようす】
第19回姫路城献上の儀(兵庫県)
第21回彦根城献上の儀(滋賀県)
第22回杵築城献上の儀(大分県)
第23回松本城献上の儀(長野県)
第24回平戸城献上の儀(長崎県)
第25回犬山城献上の儀(愛知)

■『鍋島藩窯秋まつり』のごあんない

▲このページのTOPへ

お問合わせ
  • 鍋島藩窯秋まつり実行委員会
  • TEL 0955-23-7293
後援
  • 伊万里市・伊万里市観光協会
  • 伊万里商工会議所
大川内山見て歩きマップはPDFファイルとして掲載しています。
PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロードしてください。
鍋島藩窯秋まつり 2014.11.1~11.5
内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。
佐賀県伊万里市大川内町乙1806番地 伊万里鍋島焼協同組合 TEL 0955-23-7293