伊万里秘窯の里大川内山タイトル
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
伊万里大川内山歴史散策 文化財としての大川内山 伊万里鍋島藩窯公園 伊万里大川内山の歴史 伊万里大川内山見て歩き 伊万里大川内山の窯元紹介
伊万里大川内山イベント紹介 伊万里大川内山周辺の紹介 伊万里大川内山へのアクセス 伊万里鍋島振興協議会の紹介 伊万里大川内山リンク集 伊万里鍋島振興協議会ホーム
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 大 川 内 山 歴 史 散 策 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
陶工無縁塔ロゴ
大川内山 陶工無縁塔
岳神社(だけじんじゃ) 伊万里市重要有形文化財建造物(昭和60年(1985年)十二月指定
 岳神社は、伝説によれば鎮西八郎為朝(1139~70年)が黒髪山の大蛇退治の時に、伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉再命(いざなぎのみこと)をまつったのがおこりといわれてます。神殿の後ろに天和二年(1682)建立の、「岳権現宮」石殿がありますから、このころまでさかのぼります。
 拝殿は、桁行四間(七m)梁行三間(四.四m)で東側は、寄棟造、西側は入母屋造です。棟札から文政五年(1822)ころの建立と考えられます。
 神殿は、桁行一間(一.七九m)梁行一間(一.四六二m)の千鳥破風付柿葺一間社流造です。左脇障子板裏面に「天保乙未仲夏(てんぽきのとひつじ」とあるので天保六年(1835)ころの建立です。
 岳神社の拝殿と神殿は市内に現存する江戸時代の社殿建築のなかでも工夫をこらした優れた建物です。また大川内地区と鍋島藩との関わりや、鍋島藩窯の歴史のうつりかわりを知ることができる具体的な資料として貴重なものです。
大川内山 陶工無縁塔 大川内山 陶工無縁塔 大川内山 陶工無縁塔
拝殿 神殿と岩壁の間を抜けると神殿裏に大川内山の大自然が飛び込んでくる。
長い石段を登りきった所に岩壁の中から神殿が現れる。
大川内山 陶工無縁塔碑 大川内山 陶工無縁塔碑
大川内山 陶工無縁塔 大川内山 陶工無縁塔
神殿裏の山狭 神殿裏の石殿
大川内山 陶工無縁塔
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■   大 川 内 山 歴 史 散 策   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
内容、画像などを権利者に無断で複製、改変、第三者への譲渡、販売、頒布など、行うことを固く禁止致します。